ボードゲームのガイスター(Gaisuta)のルール

こんにちわ〜ケングラスホッパー(@kengrasshopper)です。

ガイスター(Gaisuta)のルールを写真付きで書いてみます。

コマ(オバケコマ)の種類

コマ(オバケコマ)には良いオバケと悪いオバケの2種類あります。


良いオバケはマーカーが青色


悪いオバケはマーカーが赤色

です。

自分のコマ(オバケコマ)をわける

自分のコマ(オバケコマ)を用意します。
・良いオバケを4個
・悪いオバケを4個
合計8個のコマです。

相手にも同じようにわけます。

コマ(オバケコマ)をボートに並べる

ボードの半分から手前、の両側1列を除いた所にコマを並べます。(写真赤枠内)

コマを並べるときはマーカー(赤印もしくは青印)が相手に見えないようにならべます。マーカーの色は自分が見るようになります。


コマは指定範囲内にどのように並べても良いです。

コマの進め方


コマは前後左右に1マスずつ進めることができます。


斜めは進めません。例:右斜上とか左斜め下とか

相手のコマ取り方

進んだマスに相手のコマがある場合、相手のコマを取ります。

勝利条件

・相手の青いコマを4個取る
・自分の赤いコマを相手に4個取らせる。
・自分の青いコマ1個を相手陣地の「出口」から出す。
のいずれかです。

まとめ

ルールは簡単です。ゲーム所要時間も10分〜20分ぐらいでさっくとできます。

気軽にできてお手軽な心理系のボードゲームです。


ガイスター

ボードゲームのガイスター(Gaisuta)が届いたよ開封の儀

こんにちわ〜ケングラスホッパー(@kengrasshopper)です。

先日注文していたボードゲームのガイスター(Gaisuta)が届いたのでさっそく中身をチェックです。

ガイスター箱の外観

外観

表側

カッコイイですね。おばけがでそうな雰囲気です。

裏側

ゲーム概要とイメージ写真が掲載されています。

箱のサイズ

縦(約22.3cm)✕横(約22.3cm)✕高さ(約5cm)です。

程よい大きさで持ち運びもしやすいですね。

ガイスター箱の中身

ゲームボード


コマを並べて遊ぶボードです。折りたたんで入っています。

折りたたんだ状態のサイズは縦(約19.5cm)✕横(約19.5cm)✕厚み(約9mm)です。

広げると縦(約39cm)✕横(約39cm)✕厚み(約2mm)になります。広げると結構大きいですね。

説明書


ものの1分程度で読める説明です。ルールが簡単が良いですね。

ガイスター(Gaisuta)のルール

オバケコマ


オバケコマです。オバケコマにはマーカー(赤もしく青色の印)がついていません、はじめにセットが必要です。

チャック付き袋


オバケコマを入れておく袋です。

オバケコマの下準備


はじめの状態ではオバケコマにマーカー(赤もしく青色の印)がついていません。


マーカーを切り離します。


オバケコマにマーカーをセットします。


オバケコマの中側です。


約3分程度でオバケコマにマーカーを付けることができました。

予備用で赤色、青色それぞれ2個つづあまりました。


マーカーをセットしたオバケコマはチャック付き袋に入れておきます。

ちなみに

赤いマーカーがついたオバケコマは「悪いおばけ」
青いマーカーがついたオバケコマは「良いおばけ」

で、このマーカーは自分側に向けてゲームをすすめます。

オバケコマの表側(相手に見える面)は

こんな感じです。

まとめ

ガイスターは心理系のボードゲームです。

ルールは簡単ではじめての人でもすぐに覚えることができます。

ゲーム時間としても10分〜20分でできて気軽なのでちょこっとゲームを楽しみたいというときにおすすめのゲームです。


ガイスター

倉敷市にある種松山公園西園地へ紫陽花を見に行ってきました。

こんにちわ〜ケングラスホッパー(@kengrasshopper)です。

今回は種松山公園西園地に紫陽花を見に行ってきました。

種松山公園西園地には1300本程紫陽花があるようです。

おお〜それはすごい!というわけで紫陽花観てきました。

種松山へのアクセス

今回は国道430号線側から登ってみました。

国道430号線を岡山方面から水島方面に向かって走ります。

瀬戸中央自動車道の水島インターチェンジを横切って少し坂を登り下ります。

するとこのような標識がでますので、標識にそって右折します。

430号は交通量が多いので注意してください。

右折するとすぐに坂道になります、道なり進んでいきます。

上りはじめて10分〜15分でしょうか?

愛車はスーパーカブ90ccで時速30キロ程度で登っています。

坂道は遅いのです。。。

するとこのような看板があると思います。

種松山公園西園地の入り口です。

案内にそって進みます。すると今度はこのような看板がでています。第一第二駐車場方向に進みます。

到着しました。

種松山への別の上り口は

倉敷市にある種松山公園西園地へ県道275号藤戸連島線から行ってきました。

を参考にしてください。

種松山公園西園地


公園は広いです。

山の斜面を利用した公園です。

園内には遊具、植物、テニスコート、ラジコンスペースなどがあります。

種松山公園西園地の紫陽花

種松山公園西園地に紫陽花は約1300本ほどあるそうです。

一箇所に集中してあるのではなく広い園内のあちこちにあります。

どこかおすすめはないのかなと思い、管理人さんらしき人に聞いてみると

藤棚のあたりが良いということで行ってみました。

藤棚は管理小屋から山を10分〜15分ぐらい下ったところにあります。

途中遊具などいろいろあります。

山を下っていくと途中から紫陽花を沢山みることができます。

藤棚に到着。

紫陽花は藤棚に到着するまでの道で沢山みることができます。

まとめ

種松山公園西園地の紫陽花は広い園内にあちこちあります。

今回は藤棚あたりの紫陽花をみてきました。

普通紫陽花っていうとお寺ってイメージで、「ゆっくり」みるって感じです。

ここは山を利用した公園なので、アップダウンがあります。

紫陽花をみるのに「ゆっくり」というより「運動」って感じで新鮮でした。

運動しながら紫陽花をみるって感じでおすすめです。