ボードゲームのガイスター(Gaisuta)が届いたよ開封の儀

こんにちわ〜ケングラスホッパー(@kengrasshopper)です。

先日注文していたボードゲームのガイスター(Gaisuta)が届いたのでさっそく中身をチェックです。

ガイスター箱の外観

外観

表側

カッコイイですね。おばけがでそうな雰囲気です。

裏側

ゲーム概要とイメージ写真が掲載されています。

箱のサイズ

縦(約22.3cm)✕横(約22.3cm)✕高さ(約5cm)です。

程よい大きさで持ち運びもしやすいですね。

ガイスター箱の中身

ゲームボード


コマを並べて遊ぶボードです。折りたたんで入っています。

折りたたんだ状態のサイズは縦(約19.5cm)✕横(約19.5cm)✕厚み(約9mm)です。

広げると縦(約39cm)✕横(約39cm)✕厚み(約2mm)になります。広げると結構大きいですね。

説明書


ものの1分程度で読める説明です。ルールが簡単が良いですね。

ガイスター(Gaisuta)のルール

オバケコマ


オバケコマです。オバケコマにはマーカー(赤もしく青色の印)がついていません、はじめにセットが必要です。

チャック付き袋


オバケコマを入れておく袋です。

オバケコマの下準備


はじめの状態ではオバケコマにマーカー(赤もしく青色の印)がついていません。


マーカーを切り離します。


オバケコマにマーカーをセットします。


オバケコマの中側です。


約3分程度でオバケコマにマーカーを付けることができました。

予備用で赤色、青色それぞれ2個つづあまりました。


マーカーをセットしたオバケコマはチャック付き袋に入れておきます。

ちなみに

赤いマーカーがついたオバケコマは「悪いおばけ」
青いマーカーがついたオバケコマは「良いおばけ」

で、このマーカーは自分側に向けてゲームをすすめます。

オバケコマの表側(相手に見える面)は

こんな感じです。

まとめ

ガイスターは心理系のボードゲームです。

ルールは簡単ではじめての人でもすぐに覚えることができます。

ゲーム時間としても10分〜20分でできて気軽なのでちょこっとゲームを楽しみたいというときにおすすめのゲームです。


ガイスター