スマホからガラホに変更したら、月々約1000円で5分までかけ放題の電話が持てた

毎月のスマホ代が高い!なんとかならないのか?

毎月支払いの中で大きいのがスマホ利用料(電話代)ですよね〜。

月々の支払いは約6500円ほど。

僕の場合、通話は待受中心で発信は短い時間でたまにするぐらい、あとはSNSの閲覧とか。

年間の支払い額を計算してみると6500円✕12ヶ月で78000円ほどに。

う〜んなんかもったいない。

通話はほぼ待受だけど仕事がら必要、だけどSNSの閲覧って外でそんなに必要かな〜?と考えてみた。

結論的には家で閲覧できればOKでしょうってことになった、ちなみに家はフレッツ光を利用している。

毎月のスマホ代を安くする方法

スマホ代(電話代)削減のために、ちょっと調べてみました。

すると良い方法を見つけました。それが、現在利用している通信会社から他の通信会社に移行して、スマホからガラホに変更し利用する方法です。

ちなみにガラホとはガラケーとスマホの間の子携帯電話のこと、外見はガラケー特有の折りたたみ式だけと中身がスマホみたいな携帯のこと。

移行しガラホの設定でメールとかネットとかを利用しないようにすると月々約1000円で通話が5分までかけ放題の携帯がもてるのです。

月1000円だと年間だと約12000円、今のスマホ代と比べると、年間約66000円も安く使えることができます。

スマホからガラホへ移行

今回したのは他社からAUへMNP移行、ガラホの機種は京セラのGRATINA 4G [KYF31SKA]です。

MNP移行でガラホの機種台が0円になるお店をネットで探しましたが、在庫がなかったりしました。

どうしようかな〜と思いつつ、別件でたまたま家電量販店に行った所、携帯コーナーでGRATINA 4GのMNP移行で0円の在庫があったので契約してきました。

ネットだけで探すより地道にお店を回った方が在庫があるのかもしれません。

移行前に準備しておきたかったコト

移行はスムーズにいくかな〜と思っていたら、MNP予約番号取得に結構時間がかかりました。

スマホなどのキャリア(利用会社)を変更するときには「MNP予約番号」というのが必要になります。これがないと今使っているところから他社の変更ができないのです。

この番号は取得の方法はお店の人が教えてくれて、自分で電話をかけて取得するのですが、休日のためかなかなかオペ−レーターにつながりません、つながったのが感覚的にですが10分ぐらいまったように感じました。

MNP予約番号はあらかじめ取得でき有効期間も発行して15日ほどあるようなので、もし移行することを決めているのでしたら、予め取得しておくのが良いと思います。

あとはスムーズにスマホからガラホに移行ができました。

契約内容と注意事項

契約内容は大雑把ですが、スーパーカケホにしてLTE NETを外すです。

今回のお店は契約時にオプションとかどっさりつけなくて良いお店だったので、すごくシンプルでした。

オプションとかどっさりつくお店だとあとでオプションを外すのが大変です。

ちなみにスーパーカケホはすべての電話番号への5分間までなら無料となるのではなく、

無料通話対象外の番号があるので注意が必要です。

移行の費用

今回携帯機種の代金は実質0円

移行するのに元の通信会社での移行ができる時期でなかったため、解約金が約1万円ほどがかかりました、

あとは移行事務手数料に約3000円ほど

あとAU側の移行事務手数料も3000円ほどかかりました。

なので16000円ほどの出費が必要となりました。この金額は後ほどスマホ代(電話代)支払い方法と同じく引き落とされます。

まとめ

元の会社の解約金の約1万円は指定時期だとかからないので、もっとよく調べてから移行すればよかったと反省です。

でも月々の支払いは約6500円から約1000円となったので、すぐ元はとれるかな〜と思っています。

ちょっとしたことで月々の固定費を下げることができて今回は良かったです。

スマホアプリ「岡山人クイズ」が完成した。

ここ1ヶ月ほどアプリ制作に集中していました。

毎日毎日、読書やネット動画の視聴の合間にコツコツと進めていました。

たぶん、読書や動画視聴の時間をアプリ作成につぎ込めばもっと早くアプリを完成させることができたでしょう。。。

作っていて一番苦労したのが、絵とクイズ問題作成です。

絵は苦手なのでなかなか手をつけれませんでした、あと問題、いざつくろうとすると難しいですね〜。

問題数は今回40問ぐらいなのですが、バージョンアップなどで100問ぐらいにしたいと思っています。

構想3分、制作期間1ヶ月(読書、動画視聴を含む)アプリが完成しました〜〜〜〜。

[iOS版] ⇒ 岡山人クイズ

【内容】
岡山県に関するクイズを解いて岡山人になろうって感じのアプリです。

今回アプリ作成にあったってはUnityというゲーム作成ツールを利用して作成しました。

このツール結構よくできています。アプリ作成ほぼ初心者(挫折経験数回。。。)の私でもアプリを完成させることができました。

操作にちょこっと慣れてきたので次は脱出ゲームをつくりたいと思います。

Unityのもくもく勉強会に初参加してきました。

岡山Unity勉強会さんのゆるゆるもくもく勉強会に参加してきました。

ゆるもく勉強会とは一つの場所に集まって各自unityなどやりたいことをする会です。

自習室みたいに自分の勉強をするって感じで、自習とちがうのは、話したいことがあったら気楽に話して良いという点。

以前から岡山unity勉強会さんの会に参加したいと思っていたけど、スケジュール的にあわなかった。

今回たまたま時間が空いたので参加することができた。よっしゃ!

参加者はやはり若い人が多い、大学・専門学生が半数、あとは20〜30代の人だった。机にエナジードリンクがあったのが今時だな〜と感じました。

ながれ

会の流れ的には、

はじめに各自簡単な自己紹介と今日することを発表、

あとは各自のすることをしたり、VRの試作品があったのでそれをしてみたりとか、話をしたりとかです。

で最後に軽く今日したことの発表という流れでした。

参加してみて

主催者の人が会話しやすい環境をつくってくれて助かりました。

Unityを使っていて普段疑問に思っていることを聞けることができました。

本だけだと自分のやり方が良いのかどうかとか、知識に偏りがでてきますからね〜。

やっぱ人にあって教えてもらうのって大切ですね。

あとは、最近ちょっと進めることができていなかったアプリのクイズ問題作成をほぼ完成させることができたのが良かったです。

まとめ

◯◯もくもく会系はよく出来たシステムだ、一般的な交流会と違い、基本自分のすることがあるので、会話しなければという気負いがなく参加できるのが良い。

ブログもくもく会や、粘土細工もくもく会など、他にもいろいろ応用できると思った。