倉敷市にある種松山公園西園地へ紫陽花を見に行ってきました。

こんにちわ〜ケングラスホッパー(@kengrasshopper)です。

今回は種松山公園西園地に紫陽花を見に行ってきました。

種松山公園西園地には1300本程紫陽花があるようです。

おお〜それはすごい!というわけで紫陽花観てきました。

種松山へのアクセス

今回は国道430号線側から登ってみました。

国道430号線を岡山方面から水島方面に向かって走ります。

瀬戸中央自動車道の水島インターチェンジを横切って少し坂を登り下ります。

するとこのような標識がでますので、標識にそって右折します。

430号は交通量が多いので注意してください。

右折するとすぐに坂道になります、道なり進んでいきます。

上りはじめて10分〜15分でしょうか?

愛車はスーパーカブ90ccで時速30キロ程度で登っています。

坂道は遅いのです。。。

するとこのような看板があると思います。

種松山公園西園地の入り口です。

案内にそって進みます。すると今度はこのような看板がでています。第一第二駐車場方向に進みます。

到着しました。

種松山への別の上り口は

倉敷市にある種松山公園西園地へ県道275号藤戸連島線から行ってきました。

を参考にしてください。

種松山公園西園地


公園は広いです。

山の斜面を利用した公園です。

園内には遊具、植物、テニスコート、ラジコンスペースなどがあります。

種松山公園西園地の紫陽花

種松山公園西園地に紫陽花は約1300本ほどあるそうです。

一箇所に集中してあるのではなく広い園内のあちこちにあります。

どこかおすすめはないのかなと思い、管理人さんらしき人に聞いてみると

藤棚のあたりが良いということで行ってみました。

藤棚は管理小屋から山を10分〜15分ぐらい下ったところにあります。

途中遊具などいろいろあります。

山を下っていくと途中から紫陽花を沢山みることができます。

藤棚に到着。

紫陽花は藤棚に到着するまでの道で沢山みることができます。

まとめ

種松山公園西園地の紫陽花は広い園内にあちこちあります。

今回は藤棚あたりの紫陽花をみてきました。

普通紫陽花っていうとお寺ってイメージで、「ゆっくり」みるって感じです。

ここは山を利用した公園なので、アップダウンがあります。

紫陽花をみるのに「ゆっくり」というより「運動」って感じで新鮮でした。

運動しながら紫陽花をみるって感じでおすすめです。

コメントを残す